Home » 団体信用生命保険 審査基準

団体信用生命保険 審査基準ccc0 クリア・オネスティーズ


団信の審査基準については、疾患の種類により異なります。

例えば、継続性の無い、軽度の疾患(盲腸手術、入院を伴う骨折、痔の手術等)であれば治癒後3~6ヶ月後、

継続性の殆ど無い疾患(ポリープ摘出、ヘルニア手術、入院を伴う肺炎等)は治癒後1~2年後、継続性のある疾患、

もしくは重度の疾患(精神疾患、結核、腫瘍摘出手術等)は治癒後3年というのが一般的な団信審査基準です。

治癒後の経過期間は機関により多少異なってきます。

団信の審査がNGになることを「謝絶」といいます。

ちなみに、団信の場合保険金の支払い要件に

「高度障害状態≠仕事ができなくなる状態」というものも含まれています。

つまり、死亡しない場合でも今後仕事が出来なくなるような状態になった場合には保険金が支払われます。

逆をいうと、死亡するリスクが低い疾病等であっても将来病気が原因で失業するリスクが高い病気や治療を行っている場合には謝絶となる可能性も高くなるという特徴があります。

例えばの例では、視力矯正手術の「レーシック」がありますが、

このレーシック手術を理由に団信謝絶となったケースもあるそうです(将来の失明リスク(それによる就業不能リスク)が排除できないため)。

ただし、レーシック手術=謝絶というわけではありません。

団信申込書例

※告知事項にはありませんが、TATOO(刺青)を入れていると

団信に加入出来ません。

加入出来ても、最終的に保険金が支払われないリスクはあります。

お気に入りに追加♪


おすすめ情報

今不動産を買う

Sponsored by

Copyright(c) 2012 ccc0 クリア・オネスティーズ All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.0.0 nendeb
仲介手数料無料 クリア・オネスティーズ